ゴルフデビュー戦に向けての心得

ゴルフデビュー戦に向けての心得ておいてほしい5つのこと

初心者だから何もしなくても良いと考えるのは間違いです

初心者だからこそある程度のマナーを守ってほしいと思いますし、人に教えてもらうのに何の準備もなく教わるのは人としてどうでしょうか。

やはりある程度の知っておいてほしいこと等を最低限のこととして5つにまとめましたのでこれだけは頭に入れておいてデビュー戦を楽しみましょう。

心得 その1 ベテランの人と一緒に行きましょう

初心者ばかりの仲間で行くことはあまりお勧めいたしません。

ルールが分からずいい加減なゴルフになったりクラブハウスやコースでマナー違反をしても気付かなかったりします。

ある程度の経験者にお願いして必要なアドバイスやフォローをもらえば後ろに続く組に迷惑をかける心配がありませんので、やはりデビュー戦の際にはベテランの人といくようにしましょう。

心得 その2 うまく行かなくて当たり前です、楽しくラウンドしましょう

練習場でうまく打てるようになってもコースではうまく行かず、そのギャップにショックを受ける人が多いものです

実際のコースでは平らなところはティグラウンドぐらいしかありませんし、どこも多かれ少なかれ傾斜しています

ミスショットの連続で不機嫌になったり、落ち込んだりしていては同伴競技者も楽しくありません。

誰しも最初は初心者、みんな経験していくことです、うまく行かなかったことよりも、一つでもうまくいったところがあれば、そこを大いに喜んで楽しみましょう。

心得 その3 やさしいコースを選びましょう

できるだけ平坦で短めの距離のコースを選びましょう、アップダウンのあるところは初心者には難しく、体力もいります。

連れて行ってくれる人にどんなコースがいいかと聞かれたら「初心者なのでやさしいコースが良いです」と伝えておきましょう。

心得 その4 ボールはたくさん持っていきましょう

初心者のうちはとにかくボールをたくさん無くします。OBや池、ラフやブッシュに打ち込んでロストボールになるなど、ハプニングの連続です。

ボールが足りなくなって人からもらうことにもなりかねません、ボールは消耗品ですので、多めにゴルフバックへ入れておきましょう。

また、プレー中はポケットに最低3個は入れておきます、カートから遠い場所で打ったボールがOBになった時にボールがないと同伴競技者を待たせることにもなり、カートまでボールを取りに戻らねばなりませんのでね

心得 その5 ティーショットの後、クラブを何本か持って走ること

ティーショットを打ったら2打目以降は距離に合わせてクラブを選択しますが、いちいちカートに戻ってクラブを替えていたのでは時間がかかってしまいます。

そこで2打目以降に使うであろうクラブを数本選んでもって行きます。

初心者のうちは数ヤード先しか飛ばなかったり、ミスショットがあったりしてほかの人よりもたくさん打つことになります。人を待たせてしまうことになりますのでボールのところまでは小走りで行きましょう。

ただし「早く打たなくては」と焦る必要はありませんので、ボールを打ってから次のショットまでの間の行動を速やかに行うということが大事ですからね。

心得というほどのものではなく、人として周りへの配慮ということです

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ