初心者必見!はじめてのゴルフ服装とは?

ゴルフをするときの服装ってどんなものが良いのでしょうか?

ゴルフを実際にラウンドすることになりそうな、ゴルフ初心者の方が気になる点といえば、とにかく服装ではないでしょうか。やはり管理人も初めてゴルフをラウンドするときは何よりも服装が気になりました。

こちらではゴルフをラウンドするときにふさわしい服装について説明したいと思います。

ゴルフ初心者の方は服装を気にしますが、あまり気にする必要はありませんので気負いしすぎないように楽な感じで行きましょう。

ゴルフの服装 | 大きなポイントとしては2つです

  • 襟付のシャツ
  • ジーンズやジャージでないベルトが通せるパンツ

ゴルフをラウンドするときの服装って変なイメージがありませんか。ダボダボのスラックスみたいなズボンでないとダメとか、ハーフパンツの場合はロングソックスでないとダメとか。

昔のゴルフのイメージでいえば、およそファッションとは程遠いような服装で、良く言えば個性的な、悪く言えばイロモノ的なファッションのイメージがありませんか。

現在では、石川遼プロを見ていただいてもお分かりかと思いますが、ゴルフウェアもファッションとしての要素が強くなってきており、服装でも楽しめるようになってきています。

形から入るタイプの管理人としては、ようやく時代が追いついてきたなという感があり(笑)ゴルフを始めるにあたってハードルが下がったような気がします。

ですが、やはりそこはマナーとエチケットのスポーツゴルフです。最低限のエチケットとして押さえてほしい点について紹介させて頂きます。逆にいえばこれさえ守っておけば問題ないということです。

その1 ウェアは襟がついていれば問題なし

上着はポロシャツのような襟さえついていれば正直なんでも良いです。

もう少し言えばポロシャツほどきっちりとした、THE襟という感じでなくても結構です。そこはやはりスポーツですのでゴルフウェアとしてのウェアも水分を蒸発させやすい素材を使っていたり、これは襟と呼べるのかというようなゴルフウェアもたくさん出ています。たとえば

こちらはアディダスのシャツですが、かっちりとした襟ではなくてジップアップタイプのものになっており、襟というよりはタートルネックのような形になっています。

ちなみにこちらもそうですがアディダスの商品は「リーナーフィット」というシルエットになっており、若干細めのシルエットになっています。ファッションとしても楽しみやすいウェアですので、管理人もアディダス商品は愛用しています。

襟がついていれば良いというのは簡単に言えば、Tシャツなどの丸首でなければ良いということです。

それさえ守っていれば問題ありませんので、デビュー戦のウェア上着はゴルフ用のものでなくても、すでにあるものでも全然問題ありません。

その2 パンツ(ズボン)はチノパンでOK

ズボンに関してはもっとユルイです。ツアープロを見てもお分かりでしょうけれども今はカラフルな色が多いですよね。以前は茶色かグレー以外はダメなのではないかと疑うぐらいに暗い色ばかりでしたけれども。

パンツはタックの入ったスラックスである必要は全くありません。昔からゴルフを趣味とされてるオジサマがたはそのようなズボンも着用されていますけれどもね。

こちらは冬用のパンツではありますが、このようにストレッチの効いたパンツでも全然問題ありません。むしろゴルフをするのに動きにくいパンツより全然良いと思います。

こちらもアディダスの商品ですが、こちらは違いますがパンツでもリーナーフィットの商品があり、細めのシルエットに仕上がるような商品もあります。今はゴルフもファッションが大事という事ですよね。

チノパンでOKというのはズボンはなんでも良くつまりはエチケットとしては、ジーンズ以外なら何でも良いということです。

上のようにジャージのような素材でも良いのにジーンズがダメという感じです、現在のゴルフは。いずれプロがジーンズ風のパンツを着用するようになれば、ジーンズがOKになる日がくるかもしれませんね。

ゴルフ場では帽子の着用がエチケット・マナーとされています

ゴルフ場には「危険防止のために帽子の着用をお願いします」的なことが書いてあるので帽子は義務ではないと思いますが、皆さん着用されていますのである意味マナーという事になるのかもしれません。

帽子自体はそれこそどんな帽子でも問題なく、普段着用している帽子でも問題ありません。

ゴルフ場ではサンバイザーやキャップ型の帽子が多いようですけれどもね。

ちなみに管理人は冬はニットキャップでラウンドします。帽子の形には決まりはないけれども着用はするようにしましょう。周りのゴルファーを不快にさせないのもエチケットですからね。

ゴルフの帽子にもさまざまなタイプが出ております。

こちらのキャップはドゴールという頭の部分が丸くなく、若干の角ばった感じが普通のキャップとは違いオシャレなんでしょう。

サンバイザーしかり、こういうキャップにしかりツバのある帽子が好まれておりますね。ゴルフでは。

やはりツバの部分にマグネット式のマーカーを付ける人が多いのでこういったデザインの帽子が多いのかもしれませんね。

ちなみに管理人は春から秋にかけては上のようなキャップ型でラウンドしますが、冬はニットキャップでラウンドします。

帽子の形には決まりはないけれども着用はするようにしましょう。周りのゴルファーを不快にさせないのもエチケットですからね。

ゴルフシューズは専用のものが必要です

ウェアに関してはこれまであるもので良いというスタンスでしたが、ゴルフシューズに関してはゴルフ用のものを購入しましょう。ゴルフ初心者の方でもこれは確実に購入しているほうが良いです。

現在のゴルフ場はスパイクはソフトスパイクと呼ばれるものを着用するように呼びかけています。

昔はスパイクが金属のものがあったのですが、やはりクラブハウスをスパイクで歩くとキズがついたりもしますし、何より今はソフトスパイクしか販売されていないと思います。

シューズに関しては実際に履いてみることが重要かと思います。管理人はアディダスのウェアならシューズもアディダスでそろえたいタイプですので、実際に履いてみてもアディダスしか選びませんけれども。

ただアディダスのゴルフシューズ全般に言えることですが、一般的なシューズに比べて幅が広いように思います。参考になれば。ですがシューズに関してはやはり履いてみることをおススメ致します。

ゴルフシューズもスニーカーで良いといえば良いのかもしれませんが、ゴルフシューズをおススメするのにはわけがありまして、やはりスイングの際にゴルフシューズであればしっかりと地面をかむ、スパイクすることが出来ますのでゴルフシューズは購入すべきです。

スニーカーでスイングすると地面が滑りスイングの安定にも影響が出ますし、何より滑るので危ないと思います。練習場でもスニーカーだと滑りますしね。やはりゴルフシューズは購入しているほうが良いでしょう。

まとめ

ゴルフをするときは帽子の着用はルール上義務ではありませんがエチケットとして必須であると覚えておきましょう。

また服装としては襟付きであれば何でもよく、スポーツシャツでなくても普通のポロシャツでも問題ありませんが、速乾性のスポーツシャツの方が汗をかいても乾きやすいので良いかと思います。

普通のポロシャツにするのであれば、速乾性のインナーを着用することで暑さ対策にもなるでしょう。

ドレスコードと言われるものがゴルフにあり、そのせいでゴルフ初心者はどのような恰好をすれば良いかが分からなくなりがちですが、襟付きのシャツとチノパンであれば間違いなくクリア出来ますので普段着で今あるものを活用しても良いということです。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ