ゴルフ練習場での服装は?

ゴルフ服装

ゴルフを始めるに当たってとにかく気になる部分である服装は様々な場面において出てきます。

ゴルフ場への往来や実際のプレー時の服装、季節によっても違いが出てきます。

しかし実際にゴルフ場へ行く前にとりあえず練習場へ行ってみてボールを打ってみるという人は少なくありません。

そしてゴルフ練習場へ行くときにもどのような服装にすれば良いのかが分からないという人もいることでしょう。

最初に伝えておきます。ゴルフ練習場ではどのような服装でも問題ありません。

初めてゴルフ練習場いわゆる打ちっぱなしへ行くときはおそらく経験者の方と一緒に行くことになるでしょうから、その人にも確認してみても良いでしょう。びっくりするぐらい皆さんラフな格好で練習に来ています。

  • ジャージの上下で練習
  • 仕事帰りの服装のまま練習
  • ジーンズで練習
  • 夏は短パンとTシャツで練習

驚くほどラフな恰好で練習しています。ゴルフ場での実際のプレーにおいてはドレスコードというものが存在し、やれシャツはズボンの中に入れろとかジーンズは駄目とかいろんなことが規制されていますが、練習場にはそのような規制は無いということを覚えておいてください。

また服装とは関係ありませんが、ゴルフクラブをレンタルしてくれるところなどもありますので、身一つで行けばゴルフを経験出来るという意味でもゴルフ練習場というのは非常にハードルが低いということでもあります。

ただしもしあなたがすでにゴルフを始めるつもりで練習場へ行くのであれば初めてでも用意意しておくほうが良いものが2つあります。

ゴルフ用の手袋は必需品

ゴルフ練習場へはどんなラフな格好でも止められることなど無いでしょうが、ゴルフ用の手袋だけは持っている方が良いでしょう。

というのもゴルフはゴルフクラブを握ってスイングするものですが、このグリップをするという行為はなかなかに侮れないものなんです。

ゴルフ練習場では50~100球程度を打つことになると思いますが、素手でゴルフクラブを持っていると十中八九手にマメが出来てしまいます。

特に初めての場合には無駄な力が入ってしまうことが普通ですし、どんなに軽く握るように言われたところで同伴者のクラブや借りているクラブを離してしまうということになれば問題となりますから、少なからず気を遣うことにもなります。

もちろん経験者であってもマメは出来ますので皆さんゴルフグローブは必ず装着しています。ですからマメを作らないためにもゴルフグローブは持っているほうが良いでしょう。

経験者の人に連れて行ってもらえれば貸してくれる可能性もありますが、人が使った手袋はちょっと・・・という人も少なくはないでしょうし、決してそんなに高いものではありませんので一つ購入しておくほうが良いですよ。

ゴルフのグローブは利き手ではない方だけ装着するのが一般的です、両方に手袋をする人もいますが、利き手のデリケートな感覚を大事にしたいという人が多いので利き手にはつけない人が多いです。

またグリップの方法から言っても利き手ではない方がよりゴルフクラブとの接触が多くなりますので片方だけのグローブで十分です。

決して高いものでは無く、良い商品であっても1000円もしませんし、ゴルフショップなどでは数百円で購入出来ますから一つ持っておくと良いでしょう。

ゴルフシューズはあるほうが良い

ゴルフ練習場では服装がラフで良いのでいわゆるスリッパやクロックスで来る人も多いです。

しかしそういった人たちも必ずと言っていいほどゴルフシューズを持ってきており、練習前に履き替えるようにしています。もちろん当方もそうしています。

ゴルフを始めるかどうか分からないのであれば運動靴でももちろん問題ありませんが、もしすでにゴルフをすることを決めているのであればゴルフシューズは早々に購入して置くほうが良いでしょう。

というのも、ゴルフシューズというのは地面を掴む感覚がありますし、練習と言えども足元の感覚は手と同様に非常に重要になります。

自分のゴルフシューズの感覚で練習したいという人は多いですし、コース上と同じ足元の感覚を持つことで練習場がコースと近い感覚にすることにも繋がります。

とは言えコースデビュー前の初心者の場合にはその感覚は必要ないのではと思う方もいらっしゃるでしょうが、もう一つのポイントがあります。

それはゴルフシューズの足元のグリップ力は侮れないということです。

一般的な運動靴の場合にはスパイクのような突起状の物が付いていることは少なく、平坦な靴底となっているのが通常です。

ゴルフのスイングは下半身を安定させてスイングしますのでグリップ力が弱いと下半身が動いてしまう原因にもなります。

もちろん最初はゆったりとしたスイングをすることから始めるとは思いますが、どうしても力を入れたスイングをすることもあるでしょう。それがゴルフの楽しみでもありますからね。

しかしその時に普通の運動靴であれば足元のグリップ力が無いので滑ってしまう恐れがあり、けがをする可能性もゼロではありません。

練習場の地面は芝風であり非常に滑りやすい足元となっていますのでその危険性は多いにありますから、ゴルフを始めようと思っていればゴルフシューズは購入しておく方が良いでしょう。

ゴルフシューズは好きなブランドとかあればそちらを購入しても良いですが、高額になる可能性がありますので最初は安価なシューズから始めて行くのが良いと思います。

グリップ力があれば安定が良くなり結果スイングが良くなって初めての練習場が楽しくなること間違いないですよ。

まとめ

ゴルフ練習場においては服装には制限がありませんので、どんな格好でも問題ないでしょう。

しかし当方が初めてゴルフ練習場へ行ったときに合ったほうが良いと感じた

  1. ゴルフグローブ
  2. ゴルフシューズ

この2つだけは持っている方が良いと思います、特にグローブに関しては本当に手にマメが出来ますから、次の日の通常の生活にも少なからず影響が出てくることがあります。

特に手をよく使う職業の人たちにはグローブは必需品と思いますね、当方も手先を使う仕事でしたので若干困りましたからね。

ゴルフシューズは安い買い物ではありませんので始めることを決めているのであれば購入しておいた良いですよ。練習場でも足元のグリップ力は大事ですし、滑る危険が無いのでおすすめです。

軽いノリで行けるのがゴルフ練習場ですが必需品を用意しておくことで日常生活への影響を低くすることが出来ますよ。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ