フェアウェイウッドは飛距離差が出るセッティングを

フェアウェイウッドやユーティリティをは必ずしも番手が繋がったクラブを入れる必要はありません。

ゴルフクラブギア

基本的にはロフト角が3度程度づつ、シャフト長さが0.5インチ程度で番手が隣り合わせとなるモデルが多いですが、実はこれぐらいの差であれば少しの差で距離が変わりますので、飛距離が逆転したり同じくらいになったりと自分の思っているような飛距離差が出ないこともあります。

ですから、無理に繋げてクラブを入れる必要はありませんので、1番手飛ばしたセッティングにするのも良いでしょう。

フェアウェイウッドというのはあまりセットでは販売していないので1本ずつ購入することが多くなると思いますので、1番手飛ばしたセッティングにすることで、飛距離差がはっきりと出せるようになりますので、番手を決める悩みも少なくなりシンプルなゴルフをすることができるでしょう。

一番距離の出るアイアンと同じ距離のフェアウェイウッドやユーティリティを選ぶ

フェアウェイウッドやユーティリティ系のクラブというのはアイアンとドライバーの間を打つクラブとして利用するのが通常の使い方です。

しかし、一番距離の出るアイアンと重なる距離のやさしいクラブを持っているということはクラブ選択の幅が広がりますので持っておくことをおすすめします。

距離が均等に打ち分けられるようなセッティングをするのが基本となる考え方ですがクラブを使う場所によってその使い分けが出来るので大きな武器となる可能性があるためです。

コースではアイアンでは難しいライや、起伏のある場所、ラフなどがある場合にアイアンではうまく打ちにくい場所から打つ必要がある場面がたびたび起こります。

そんな時にアイアンで打つ距離であっても同じような距離が打てるフェアウェイウッドやユーティリティを使うことが出来るようになるのでとても役立つということです。

アイアンとウッド系を使い分ける例

アイアンとフェアウェイウッドが同じような距離が出るとしても、アイアンによるショットはボールのバックスピン量が少なくてボールを上げにくいクラブですので、風が強く吹いている場面であればアイアンの方が風の影響を受けにくいボール打つことが出来ますので良い結果につながることが有ります。

逆にライが悪いところではアイアンはうまく打つのが難しく、ソールが滑りやすいウッド系の方が楽にボールを打ちやすくなります。

つまり状況に応じたクラブの選択が出来るということです。

ちなみに当方は4番アイアンと同じ程度の飛距離が出るユーティリティクラブを入れています。185ヤードぐらいを打つクラブです。

まとめ

アイアンと違いセットでの販売がすくないので自分に合ったセッティングが出来るのがフェアウェイウッドやユーティリティの良い点です。

番手を抜くことで飛距離差が大きくなるかもしれませんが、どっちで打つかという悩みから解放されてシンプルにゴルフをすることが出来るでしょう。

実際に女子プロが番手ごとのフェアウェイウッドの飛距離差をテストしたところ7ヤード程度であったということからも、アマチュアであればスイングやボールへのインパクトなど少しの事で変わるので隣り合わせの番手よりも1番手飛ばした方が確実に飛距離差を出すことが出来るでしょう。

ただしアイアンとウッド系のクラブが重なる部分はある方が良いという、なんとも矛盾した感じになってしまいましたが、楽しくゴルフが出来るようになりますので一度試して欲しいと思います。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ