パットの方法でわかる相性の良いパター

ゴルフクラブギア

現在はパターのヘッド形状はいろんな形が出てきており、それを簡単に分けるとすれば

  • L字型
  • ピンタイプ
  • マレットタイプ

マレットタイプはソールの幅が大きいタイプでさらに複雑な形状をしたネオマレットタイプというパターも存在しています。

ヘッド形状だけではなく、シャフトが刺さる位置でも違いがあり、ヘッド部分の真ん中に入っているセンターシャフトや、ヒール部分についている等の違いがありそれらにおいて大きな違いがあるとすればパッティングストロークとの相性です。

L字型のパター

L字型のパターはインサイドアウトの軌道でドロー系のボールを打つ人と相性が良いとされています。

シャフトがヒールから立ち上がっているその形状はアイアンに近い形であり、アイアンと同じようにフェースを開きながらバックスイングをし閉じるようにして打つフック系のボールを打つ人と近いストロークで、ドライバーからパットまですべて同じイメージで打てますのでドローヒッターで繋がりを意識したい人に良いタイプとなります。

ピンタイプ

ピンタイプはヘッドのトゥ側とヒール側に重量を配置したモデルでL字型よりヘッドがぶれにくいモデルとしています。

しかし実際のところはL字型に比べて少し慣性モーメントが大きいという程度になっています。このピンタイプもヒールに近い位置からシャフトが立ちあがっていますので、インサイドインなどのフェースを返すような打ち方の人と相性が良いモデルでしょう。

L字型とピンタイプはクラブ自体の重心深度が浅いので、クラブのふり幅が少なく手元で打感の強弱をつけたい人に向いているタイプと言えます。

マレットタイプ

マレットやネオマレットといったタイプはヘッドの横幅が広いので重心深度が深く、重いヘッドが特徴であり、フォローを出しやすいという性質があります。

手元は無く肩からストロークするふり幅の大きさで打感の強弱をつけたい人によく合うパターと言えるでしょう。ストロークが安定しないという人はこちらのパターを使ってみるとその重さもあって安定するといったことがあるかもしれません。

元々まっすぐ引いてまっすぐ出していく形のストロークをする人に使いやすいですが、さらにシャフトがセンターに付いているタイプであれば直線的なストロークをしたい人には向いているでしょう。

まとめ

パターにはいろんな種類がありますが、とにかく自分に合ったストロークがしやすいモデルを選ぶことが大事です。

手元でボールへのヒットの強弱で距離感を合わせるならL字型やピンタイプ、肩から動かすストロークの大きさで距離感を合わせるのならマレットタイプなどの自分に合ったモデルを選ぶことがパター選びの基本であるということです。

まだ自分のパット方法が分からないのであれば、特に初心者の人はまっすぐ引いてまっすぐフォローを出しやすいマレットタイプが分かりやすくておすすめです。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ