距離感を合わせるウェッジの選び方

ゴルフクラブギア

アイアンの基本としては、番手ごとに0.5インチづつつ長さを変更しロフト角を4度づつのセッティングとすることが通常になっています。

ウェッジもアイアン一種であり、アイアンの役目は飛距離を出来るだけ等間隔にして打ち分けることに他なりません。

特にウェッジはグリーン周りでの利用が多いので、距離感を合わせるのが重要です。

ストロングロフト仕様がウェッジの番手に悪影響?

しかしながら最近の市販されているモデルというのはストロングロフト仕様になっておりロフト角が以前に比べて立ったモデルが主流となっています。

このストロングロフト仕様はすべてが均等にロフトが立っているのではなくアイアンセットとしてのサンドウェッジ部分に関してはロフトは保たれている状態で設計されています。

つまりサンドウェッジが56度とすればピッチングウェッジは43度程度の設計となっており、その間にあるアプローチウェッジは50度程度ですので6~7度ピッチでのロフト角設計となってしまっているんですね。

つまり4度を基準にした場合にそれよりもウェッジ部分の番手間のロフトが大きいことになりますので、番手ごとの飛距離の差も大きくなってしまうというのが現在の市販モデルです。

ストロングロフト仕様になってアイアンの飛距離は出るように設計されていますが、100ヤード前後の短い距離の打ち分けるのが非常に難しくなっているということです。

ウェッジのロフト角を確認しましょう

ストロングロフトのアイアンを使っている人でどうもウェッジ部分の距離感がつかめないという方は、ウェッジ部分のロフト角を一度確認してみると良いでしょう。

アイアンセットと同じモデルのウェッジを使っているのであればロフト角の差が大きくなっている可能性があります。

仮に上記のように7度程度のロフト角があるのであれば現在のアプローチウェッジの部分を1本から2本体制にするというのも一つの手段でしょう。

具体的には48度、52度のウェッジを2本追加することでピッチングウェッジからサンドウェッジまでのロフト角を4度づつに近づけることが出来ます。

そうすることでウェッジの飛距離差を10ヤード程度にすることが出来れば距離感が合わせにくいと感じていたウェッジを4本体制にすることで100ヤード以内の短い距離を合わせやすくなり均等に打ち分けることが出来るようになればゴルフが楽になってグリーンをとらえやすくなり楽しいゴルフが出来るようになることでしょう。

まとめ

アイアンのストロングロフト仕様になったことでショートアイアンの飛距離が出るようには設計されたものの、スコアをまとめるための100ヤード以内のショートゲームが難しいようになるという弊害も生みだしています。

ストロングロフト仕様のアイアンを使っていてグリーン周りに来てから短い距離のミスが多いと感じている人はウェッジのロフト角をチェックしてセッティングを替えるのが良いでしょう。

もしかすると、ショートゲームの技術では無くウェッジのロフト角設定のせいでスコアがまとまらないかもしれませんよ。

ウェッジを4本体制にすればハーフショットなど難しい技術が無くてもグリーンオンしやすくなりますし、それにはクラブを抜く必要があるかもしれませんが、使用頻度の低いクラブを抜けば良いと思いますので、もし3番ウッドを入れているならそれを一度考えてみる(→詳細はその3番ウッドは必要ですかを確認)のも良いでしょう。

短い距離の充実がスコアが良くなる秘訣であると考えますのでね。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ