ゴルフの歴史について知りましょう

ゴルフの歴史について知る

ゴルフは昔、スコットランドの羊飼いが棒切れで小石をうち、地面に掘った穴に入れたのが始まりという風に言われています。しかしながらこれには異説もあり、オランダフランス説もあります。

スコットランドで最初にゴルフの記録が出てくるのは1457年ですが、皮肉なことにスコットランド政府が国民に出した「ゴルフ禁止令」でした。しかしながらそれを無視して国民がゴルフを行ったというのは有名な話であります

このようにゴルフはクラブで小さなボールを打ち、決められたホールにいかに少ない打数で入れるかを競うスポーツですが、細かいルールと広大なコースを攻略する醍醐味や爽快さが多くの人々に受けいられてきたスポーツなんです。

世界最古のゴルフトーナメントである全英オープンは1860年に第一回が開かれましたが、今とは少し違ったルールでこのときは12ホールのコースを3日間合計36ホールで争ったという記録が残っています。これが競技としてのゴルフの始まりといわれています。

日本におけるゴルフが爆発的なブームを見せたのは1957年霞が関C.Cで行われたカナダカップで中村寅吉、小野光一プロの両人が世界の強豪各国を押さえて優勝を果たしたのがきっかけです。

これ以降ゴルフの大衆化が始まり、その規模は米英に並ぶ勢いとなったのです。

日本のゴルフ場の特徴と世界のゴルフ場の特徴について知る

ゴルフ場のコースは一般的に1番から18番までの18ホールから構成されています。そしてコース以外にっはクラブハウスなどの様々な付帯設備から構成されています。

英国のゴルフ場は海岸沿いの草原地帯にあるリンクコースが主体になっているのが多いです。風の影響を受けやすいコースとして有名です。

自然の形態をそのままレイアウトしているのが特徴で球筋の低いボールでの攻めが要求されます。

米国は池やバンカーなどが巧みに配置され、ラフも短く見た目に美しいのが特徴で、それぞれの考え方がよく反映されています。

日本のゴルフ場は最初英国の影響を受けました。静岡にある名門コース「川奈GC」は太平洋の海風を自然のレイアウトの中にうまく取り入れて戦略性が高いことで知られています。

また日本の地質を生かした林間コースが多いのも特徴の一つでしょう。

樹林をそのままに配置したショットの正確さを要求されるコースです。千葉、我孫子GCなどはその代表格といえるでしょう。ただ、最近は米国型の見て美しく、プレーするとスコアメイクに苦しむというコースも増えています。

○○ゴルフクラブと○○カントリークラブの違い

一般的には英国ではゴルフクラブ、アメリカではカントリークラブと呼ばれています。

日本のゴルフ場の名前もそこからきています。名前は違いますが運営自体の違いはありません。

ちなみにアメリカでは公共のスポーツ施設をカントリークラブといっておりゴルフ場だけのものではないようです。ゴルフ場うんちくです、どうぞご使用ください。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ