ゴルフで知っておきたい最低限のマナーとエチケット

楽しくゴルフをするために周りへの気配りを忘れない事

ゴルフは一人で行うものではありません、同伴者がいて他の組のプレーヤーがいて多くの人の中に自分がいるということです。

スコアは自分との戦いかもしれませんが、一人でプレーしているのでは無いということをしっかりと認識して周囲の人への思いやりの気持ちを忘れないことです。

時には周りのプレーヤーに対してもマナーがなっていないと感じることもあるでしょうが、周りに合わせるのではなく自分がしっかりするようにして下さい。

自分も含めてすべてのゴルファーに公平なプレー条件を提供することを考えて、快適にラウンドするためにも周りへの配慮を忘れないようにしましょう。

「プレーファスト」というのは他の組の事も考えて素早いゴルフをするということですが、スイングも早くしろという意味ではありません。スイングはゆっくりとしてそれ以外のプレー以外の部分はすばやくきびきびと行うということです。

スタート前からマナーは始まっています

とにかく何よりもスタート時間には遅れないようにすることが最初のマナーです。

ゴルフ云々よりも社会人としても遅れることは自分自身のマイナスだけでなく他の同伴者にも影響があるということを忘れないで頂きたいと思います。

練習もそこそこに5分前にはスタート地点で待っておくようにしましょう。

プレーのスタート前からエチケットに関して守るべきことがあることを忘れないようにしてほしいと思います。

ティーグラウンドはその人が自由に使えるようにしましょう

ティーショットを打つときに後ろに立たれるのを嫌がる人もいますので、後ろに立ってタバコを吸うなどの行為は控えましょう。

同伴者がティーショットする際にはティーグラウンドはすべて自由に使えるようにしておくのがマナーです。

素振りなどをしてティーの範囲を狭くしないようにして頂き、打つ人の後ろに立ったり、打つときに動かないように気を配りましょう。

ボールを探す時間は5分までと決めます

特に初心者の間はボールがラフや林の中に入ることが多くなるでしょう。

ルール上は5分間ボールを探すことが認められていますので、それ以上になると紛失級として処置を行いプレーを続けましょう。

前方の安全は確認してからショットする

ゴルフは沢山の組が回っており、自分よりも前の組がプレー中のことが有りますが、確実に前の組が自分の飛距離以上に進んだことを確認してから次のショットをしてください。

打ち込むという行為は絶対にあってはなりませんので気を付けるとともに、同伴者がプレー中は必ず後方に立って見守るとともに、ボールの位置を確認し、人のいる方向へボールが飛んだ場合には「フォァー」と叫んで危険を知らせるようにしましょう。

予備のボールとクラブは常に持っていく

2打目以降でボールの場所へ行く際にクラブがあるカートから離れる場合には使いそうなクラブを2~3本程度持っていくようにしましょう。

ドライバーとパター以外の全部のクラブを持っていくという人もいるぐらいですが、そこまでする必要はありませんが多くのクラブを持っていくことでボールの状況を見てクラブの判断をする事が出来ます。

また、打ったボールがOBなどになる場合も考えて予備のボールも2~3個は持っておきたいところです。

グリーンで自分のラインを読みすぎない

少し語弊があるかもしれませんが、これは同伴競技者のプレーの間に決めておくものであるということです。

グリーン上では同伴者のパットの際に自分のラインを読んでおき自分の番になったらすぐにパットに入る方が望ましいでしょう。

プレーファストのために出来ることは極力行うようにしましょう。

ホールアウトしたら素早く移動しましょう

全員がグリーンにボールをのせたらピンを抜きますが、先にホールアウトした人がそのピンを持って、全員がインしたら素早くピンをホールに指し直しましょう。

そして素早くグリーンを離れるようにしますが、この時グリーンを傷めないためにグリーン上は走らないようにしてください。

ホールアウト後に楽しそうにベラベラとしゃべっている人がいますがグリーンを開けてから雑談やスコアの記入などを行うようにしましょう。

ディボット跡は元に戻すか砂を入れておくのが良い

ショットした時に芝を削り取ってしまい、その跡の事をディボット跡と言いますが、これは芝を拾って元の位置に戻して踏んでおくようにしましょう。

ただし元の位置に戻せないような状況になっている場合にはカートに目土がありますので入れておくようにしましょう。

周りの芝の面よりも高くならないようにならしておくようにして下さい。

バンカーはならしてから出るようにしましょう

バンカーショットの後ではその跡をならすのが最低限のマナーです。

またならす際にはコースと平行に鳴らしておくことで後からバンカーに入った人に対して不当な障害を与えることが少なくなります。

ならしたレーキは次の人がすぐに使えるようにバンカーの近くにおいておくようにしましょう。

グリーン上のボールマークは直すのを忘れずに

グリーンにボールが落ちることでその跡が出来るボールマークはパッティングの前でも直すことが出来ます。

直すには芝の根を切らないように周囲から内側へ寄せながら持ち上げるようにして、パターのヘッドで抑えて平にしておきましょう。

その際にはグリーンフォークを使いますがコースのクラブハウスにも用意してありますので無い場合にはスタート前に持っていくようにしましょう。

まとめ

ゴルフはマナーとエチケットのスポーツです、周りが気持ちよくプレーできるように一人ひとりが他の人の事を考えて心がけるということが大事です。

他の人に迷惑が掛からないようにするのが当然ですし、プレーを素早くするということもそのうちの一つです。

初心者の内はボールまで走っていくなどの気配りも必要となりますが、同伴者だけでなく、周りのゴルファー全体の事を考えてプレーを心がけてほしいと思います。

そして、貴方が出来るようになれば、今度は貴方が初めての人にマナーやエチケットに対して教えていくということも周りへの気配りという意味でも大事なことですからね。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ