クローズスタンスとクローズフェースで打つ

  • ドライバー編

クローズスタンスとクローズフェースでボールを打つ練習の目的は?

ゴルフ 練習メニュー

インパクトでクラブフェースが開いて当たってしまうことで起きるスライスを矯正する練習です。

クローズスタンスとクローズフェースの組み合わせで曲がりを軽減できるようになります。

  • 初心者
  • 中級者
  • 上級者

実際に練習する方法

  1. 通常のアドレスで構えます
  2. 右足を半足分後ろに引いて、クローズスタンスの構えにします
  3. クラブフェースをかぶせます
  4. ボールを打ちます

スクエアスタンスの状態から右足を後ろに引いて、クラブフェースを15~30°程度かぶせます。

クローズスタンスなので体を深くひねることが出来ます。

スイングの軌道がインサイドアウトになるので曲がりが軽減されます。

練習のポイント

スタンスのラインは目標の右になりますが、肩や腰のラインは目標に対してスクエアの状態にします。

クローズスタンスとクローズフェースはフックボールを打つ時の組み合わせですから、スライスを矯正するにはフックを打つということで曲がりを少なくします。

インパクトでボールがしっかりとつかまりますので飛距離アップの効果も見込むことが出来ます。

この点に気を付ける

体が早く開いてしまうことでスライスが発生しますので、オープンスタンスに構えたり、肩や腰が目標に対して左方向(右利き)を向いているとバックスイングで上体のひねりが不足してしまい、ダウンスイングで体が早く開いてスライスを起こします。

また体の向きがスクエアでもフェースが開いていればスライスになりますのでフェースを目標の左に向けて構えるようにしましょう。

まとめ

スライスに悩む人は多いので、矯正するにはまず反対に曲げるフックボールを打つことでそのスイングを知りましょう。

クローズスタンスにする場合には足を下げるのですが、その時に肩まで下がらないように注意しましょう。肩が下がると右を向いてしまいますので方向性が悪くなってしまいます。

それでもスライスが出るという人は少しオーバーなクローズスタンスにしてハーフスイングでまずはフック系のボールが出るようにしてみると良いでしょう。

クローズスタンスは普通にスイングするとインサイドアウトのスイング軌道になりますのでまずは体験することが重要です。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ