右つま先を閉じてボールを打つ

  • ドライバー編

右つま先を閉じてボールを打つ練習の目的は?

ゴルフ 練習メニュー

スウェーを直すための練習法です。

バックスイングで右ひざや腰が右に流れてしまい、パワーを逃してしまうミスがスウェーです。

右下半身が動きにくいアドレスを作ることで矯正し、下半身を安定させつつ体重移動のポイントを抑えることが出来ます。

  • 初心者
  • 中級者
  • 上級者

実際に練習する方法

  1. 通常のアドレスで構えます
  2. 右つま先をまっすぐに正面に向けます
  3. スイングをしてボールを打ちます

アドレスを取ったら、右足のかかとを支点にしてつま先をまっすぐにセットします。

バックスイングでは右ヒザが右に動かないようにします。

練習のポイント

バックスイングでは右足の真上に体の体重を乗せるぐらいの気持ちで体をしっかりとひねるようにします。

そのためにはバックスイングからトップにかけての右足の踏ん張りが重要になりますので、右つま先を閉じて右ひざを正面に向けたままのバックスイングをすることで右下半身を我慢することを覚えましょう。

この点に気を付ける

腰が右に流れないように注意しましょう。

バックスイングで右ひざがスウェーするのは腰が右に流れるために起こります。

トップで左肩が下がり、体重が左足に多く乗ってしまい、結果オーバースイングになってしまうことでミスを誘発することになります。

まとめ

体重移動を考えすぎるあまりに、右足に体重の載せているつもりが体重が流れてしまうということは初心者のうちにはよくあります。

右足よりもさらに右へ移動してしまっているという人はスウェーになってしまっていますので、おそらく飛距離にも満足できていないかと思われます。

しっかりと体重を右足に乗せる感覚を身に着けて、不安定になっている右ひざを意識すれば下半身を安定させることにも繋がりミスが減って飛距離も出るようになることでしょう。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ