左端の打席を選んで打つ

  • ドライバー編

練習場で左端の打席を選んでボールを打つ練習の目的は?

ゴルフ 練習メニュー

構えた場所による視界を利用してスイング軌道を修正する練習です。

アウトサイドインの軌道を修正し、スライス矯正と球筋安定の効果も得られます。

  • 初心者
  • 中級者
  • 上級者

実際に練習する方法

  1. 練習場で左端寄りの打席を選びます
  2. 視界の広い方向を意識してアドレスします
  3. アウトサイドインの軌道にならないように注意して打ちます

練習場ではマットの向きが場所によって違います

マットの向きに体を合わせて構えるのも良いですが、視界の広い方向を意識して構えてみましょう。

自然にアウトサイドインの軌道になり、カット打ちを修正しやすくなります

練習のポイント

打席の左側にネットが見えると自然にスイングがアウトサイドインの軌道になります。

これはコースにおいて左よりにティーアップしてフェアウェイの右サイドを狙うのと同様に、スライスの矯正にも役立つこととなりますが、ドロー系のボールが持ち球の人は球筋を安定させる練習にもなります。

この点に気を付ける

とにかく左ひじが引けるようにしないことです。

左よりの打席であってもインパクトからフォロースルーにかけて左ひじが引けるとアウトサイドインの軌道でカット打ちになってしまいます。

クラブは目標の右に出す気持ちで振りぬいていきましょう。

まとめ

練習場の右端に向かってボールを打つことでインサイドアウトの軌道を身に着けやすくなりますが、それだけではなく心理的な作用もあります。

というのも左端の場合にはすぐ後ろにネットがあるので左へ振りにくいといったこともあります。

インサイドアウトの軌道はスライスの矯正だけでなくボールをしっかりと捕まえることにもなりますので、結果的に飛距離も大きくアップするということにもつながりますよ。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ