フェースを開閉させてボールを打つ-飛距離の安定-

  • フェアウェイウッド編

フェースを開閉させてボールを打つ練習の目的は?

ゴルフ 練習メニュー

ボールのつかまりが悪くて十分な飛距離が出ない人や目標よりも右に飛び出してしまう事が多い人向けの練習法です

フェースローテーションの動きを覚える効果が期待できます。

  • 初心者
  • 中級者
  • 上級者

実際に練習する方法

  1. 通常のアドレスを取ります
  2. フェースを少し開いて構えます
  3. 左手甲をやや上に向けながらバックスイング
  4. インパクト後は右手甲を上に向けながら振りぬきます

構えたらフェースを目標よりもやや右に向けます。

左手甲の上に向ける感じでクラブをインサイドに引いてバックスイングを行ないます。

インパクトからフォロースルーにかけて右手を返して両腕を入れ替えます。

練習のポイント

ボールが右にプッシュアウトする人向けに適した練習方法です。

フェースを開きながらバックスイングしてインパクト後に右腕を伸ばしてヘッドが両手を追い越すように振りぬくことでヘッドスピードが上がります。

飛距離アップやスライス防止の練習としても良い効果があります。

この点に気を付ける

フォローで左手甲を上に向けないように注意します。

クラブヘッドを直線的に振るイメージが強い人はバックスイングで右手甲が上を向いてフォロースルーでは左手甲が上を向いてしまう傾向があります。こうなるとフェースが開いて当たりますので気を付けましょう。

まとめ

昨今ではクラブの進化も手伝ってかつかまりの良いクラブが出てきていますので、フェースローテーションは抑える方が良いという人もいます。

しかしそれはボールを捕まえる技術がしっかりと備わっている上級者などの考えの一つであり、まずはボールを捕まえることを覚えるためにはフェースの動きをしっかりと認識してボールを捕まえる感覚を養う必要があります。

フェースローテーションを抑えると言っても少なからずフェースは開閉されていますので、飛距離が出ない人やスライスで悩む人はまずはボールを捕まえることを覚えることが先決です。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ