マットにテープを貼ってボールを打つ

  • アイアン編

マットにテープを貼ってボールを打つ練習の目的は?

ゴルフ 練習メニュー

テープを利用してダウンスイングの入射角をチェックする練習です。

アイアンショットで最も多いミスであるダフリを矯正する効果が見込めます。

  • 初心者
  • 中級者
  • 上級者

実際に練習する方法

  1. テープをボールの後方のマットに貼ります
  2. 通常のアドレスをします
  3. ボールを打ちます

ボールの約3センチ程度後ろにテープを貼ります、ばんそうこうなどでも良いです。

クラブヘッドをテープの上にソールしてアドレスを取ります。

クラブヘッドがテープに振れないようにインパクトをする練習をします。

練習のポイント

ダフリのミスが多い人はヘッドがテープに触れてしまい、テープが取れることになります。

初心者は3センチ程度離れた場所にテープを貼り、上級者はボールとテープの間を狭くして練習しましょう。

左わきを締めてトップからクラブを立てるイメージで振り下ろすのがポイントです。

この点に気を付ける

コックが早くほどけないように気を付けます。

ダフリを起こしてしまうのはダウンスイングでコックが早くほどけてしまうために、クラブヘッドの入射角が鋭角に入りすぎるために起こります。

特に打ち急いだり、ボールを上げようとするとダフリやすいのでゆったりとしたスイングを心がけましょう。

まとめ

「練習場ではうまく打てるのに・・」アイアンでコースではダフるという人は少なくありません。

これは練習場では下がマットのためにソールが滑りやすく実際にはダフリ気味のショットでもナイスショットのようにボールが飛ぶといったことがあるために自分のダフリを気づいていない人もいます。

それを矯正するのにこのテープを貼るという方法はおススメです、ダフっているようならテープがはがれますので客観視することが出来ますのでね。

同じような方法でコインを後方に置いたり、マットの一番前にボールを置くというものがありますが、最も分かりやすい方法としてはこのテープを貼るというのが良い方法でしょう。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ