マットのラインを利用してフェードボールを打つ練習

  • アイアン編

マットのラインとクラブを利用してボールを打つ練習の目的は?

ゴルフ 練習メニュー

意図したフェードボールを打つ練習です。

強すぎるカット軌道を修正してスライスを低減させて、距離の出るフェードボールを打つことが出来ます。

マットのラインの方向を飛球線として、それに対してクラブを左方向へ置くことで、クラブとマットの相互作用によってスイングの軌道を安定させることが出来ます。

  • 初心者
  • 中級者
  • 上級者

実際に練習する方法

  1. マットのライン上に目標を設定します
  2. ボールを打ちだすラインに向けてクラブを置きます
  3. 体をクラブに向けて構えます
  4. ボールを打ちます

クラブは目標の左側に向けて構えましょう、ただしフェースの向きはスクエアに構えます。

フェースの向きは目標方向、下の図で言えば赤字の矢印方向です。

フェードボール スタンス クラブ

マットのラインを目安にしてアウトサイドインの軌道が過度になりすぎないようにします。

練習のポイント

右から左に緩やかに曲がるドローボールに対して左から右へ緩やかに曲がるのがフェードボールです。

この場合にもクラブフェースを目標にまっすぐ合わせて体の全体を目標の左に向けて構えたらマットのスクエアラインを利用して軽いアウトサイドインの軌道になるように振りぬきましょう。

この点に気を付ける

ボールは目標方向へ打ち出そうとしないように気を付けます。

体を目標の左に向けているのにボールを目標方向にまっすく打ち出すのはNGです。

これではヘッドがインサイドから下りて、フェースがさらに開いてボールが右に飛び出してしまいます。

フェードを打つ時はインパクト後も体をしっかりターンして目標よりも左側に振りぬく意識を持つように気を付けて練習しましょう。

まとめ

ゴルフボールは元々曲がりやすいものですが、初心者のうちは特に右に曲がるスライスに悩むゴルファーが多いために曲がる球はミスショットと考えている人が多いです。

曲がりの幅を抑えて飛距離のあるフェードボールをマスターできれば武器になりますし、まっすぐ打つよりも曲げる方が容易ですので自分の球筋として身につけると良いでしょう。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ