雨でぬれたグリップにテープを巻いたら?

雨でのラウンド中濡れたグリップにテープを巻いたらどうなりますか

競技失格となります

クラブをグリップすることを助ける行為は不可

解説と詳細について

グリップはプレーヤーの援助となるようなものを使ってはいけないことになっています。

手首がある方向へ曲がらなくする目的で加工された練習用のグリップを使うことや、上記のような滑り止めにグリップにテープを巻くことも禁止で、ルール違反となります。

ただし、ばんそうこうの代わりなど医療上の理由でテープを使うことは反則にはなりません。

特殊な加工がされていない手袋はOK。またタオルやハンカチでグリップに巻きつけて拭くこともOKです。

また市販の滑り止めのスプレーなども吹き付けてOKですが、松脂やパウダー、乾燥材、加湿材などは規則で認められていますがそれ以外の成分であった場合には滑り止めのスプレーでもルール違反となる可能性があります。

こんな状況時に行いやすい

雨の日や雪の日などはとにかくグリップが滑りやすくなっています。滑り止めにグリップを巻かないように気を付けましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ