黙って暫定球を打ったが1球目があった場合には?

黙って暫定球を打ったが1球目があった場合にはどうなるのか

ペナルティとなり1打罰が課せられます。

1球目があったとしても紛失扱いとなり打ち直しのボールでプレーとなります。

解説と詳細について

ティーショットがOBかどうかわからない場合や、深いラフなどの場合で見つけるのが難しいかもしれない場合には「暫定球を打ちます」と宣言して暫定球を打つ必要があります。

宣言を怠ると始めの球は紛失したものとされ、いくらセーフの位置で見つかったとしてもプレーは出来ません。

打ち直したショットが3打目としてプレーを続けることになります。

こんな状況時に行いやすい

ティーショットが大きく曲がり確実にOBと思って、暫定球の宣言をせずに打ってみた場合に実は1球目がセーフの位置で見つかるといったことがあります。

見つかってもそのボールでプレーは続けれませんので暫定球を打つ場合には必ず宣言してから行うようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ