トラブル処理についてのまとめ|スルーザグリーン編

障害物やハザードなどのトラブル処理というのはなかなか覚えられないものですし、覚えていたとしてもラウンドすると間違いやすいものですよね。

特に混乱しがちなものを集めてみましたのでもう一度覚えておきましょう。

動かせない障害物について

  • 舗装してあるカート道
  • スプリンクラー
  • コースを仕切る金網や柵等
  • 立木を支えている支柱

これらが動かせない障害物であり、その中や上にボールがある場合や、スイングやスタンスを取れない場合には罰なしでの救済を受けることが出来ます。

その方法は下記の3点から行うことになります。

  1. ニヤレストポイントを決める
  2. ニヤレストポイントから1クラブレングスを測る
  3. 1クラブレングス以内にドロップする

ニヤレストポイントとは

動かせない障害物を避けて、ホールに近づかずに、ハザードでもなくグリーンでもない場所で、ボールの位置にもっとも近い場所を決めるという事です。

1クラブレングスとは

クラブ1本分の長さのことであり、ニヤレストポイントから測る1クラブレングスはどのクラブを使っても良いので、一番長いドライバーでも構いません。 1クラブレングス以内とはニヤレストポイントから1クラブの長さを半径とする円の内部します。

動かせる障害物について

  • 空き缶や瓶など
  • バンカーのトンボ
  • ピン
  • ハザードの限界を示す杭

ボールが動かせる障害物の上や中にある場合にはその障害物を取り除くことが出来ます。

ハザードの中でも同様に行うことが出来ますし、また取り除く操作によってボールが動いた場合にはペナルティ無しでリプレースすることが出来ます。

異常なグラウンド状態について

  • カジュアルウォーター・・大雨時に出来た一時的な水たまりの事
  • コース修理地
  • 動物などが作った穴など

コースが通常の状態ではなく大雨などの不可抗力によって損傷を受けてプレーに障害を与える状態で上記のような状態を指します。

この場合には救済を受けることが可能です。 救済方法については動かせない障害物からの救済と同様に行います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ