アドレス時にスタンスがOB区域に入ってしまったら?

アドレス時にスタンスがOB区域に入ってしまった場合にはどうなるのでしょうか。

ペナルティはありません、そのままプレーしましょう。

ボールがOBで無ければスタンスがOB区域に入ってもルール違反ではありません。

解説と詳細について

ボールさえOB区域で無ければスタンスはOB区域に立ってしまっても問題ありません。

OBの対象はあくまでもボールであり、プレイヤーの体は関係ないという事を覚えておきましょう。

こんな状況時に行いやすい

ボールはOB区域ぎりぎりのところでセーフだったけれどもショットするためのスタンスがOB区域に入ってしまうといったことがあります。

体はOB区域に入っても問題ないので、無理な態勢で打とうとせずにそのまま打って問題ありません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ