泥まみれで識別できずに他人のボールを打った場合には?

泥まみれで識別できずに誤って他人のボールを打った場合にはどうなるのでしょうか。

ペナルティとなり2打罰が課せられます。

救済は無く「誤球のプレー」とみなされます。

解説と詳細について

泥などが付いていてもボールを拾い上げてその泥を落とすといったことは出来ませんが、識別できない場合には必要なだけふき取ることが出来ます。

ハザードを含めて、プレーヤーは自分のボールであるということを確かめるために罰なしで拾い上げて確認することが出来ますので焦って打つことはありません。

こんな状況時に行いやすい

雨の中でのラウンド時にボールが泥だらけになって自分のボールかわからないままにボールを打ってしまうと、他人のボールであったということがあります。

正しいボールでプレーする責任はプレーヤー自身にありますので注意を怠らないようにしましょう。

ただし拾い上げて確認する場合には同伴競技者に確認する意思を伝えて立ち会ってもらう必要がありますので覚えておきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ