アプローチショットの基本的事項

アプローチショットには3種類があります。

  1. ランニングアプローチ
  2. ピッチエンドラン
  3. ピッチショット

この3種類である、ランニングアプローチが転がしてピンを狙うもの、ピッチショットがスピンを効かせて高く上げてグリーンに止めるもので、その間にあるのがピッチエンドランということです。

ここではアプローチに関連する基本的な考え方を説明しますのでまずはこれを覚えておくとよいでしょう。

アプローチはウェッジでという考えをまず改めます

グリーン周りからの寄せはスコアに直結しやすい部分であり、その方法においてはいろんな方法があります。

それによって使用するクラブが変わってきますが、決める際に重要視することはボールが置かれているライによって決めることです。

これを間違ってしまうとうまく寄せられないのは元より、グリーン周辺で3つ4つ叩いてしまうことにもなり兼ねません。

デイボット跡、ベアグラウンド、深いラフなどといったボールの状況を観察して、脱出しなおかつグリーンに乗せるにはどのクラブが最適であるかを判断する必要があります。

上手く寄せる為に状況判断が大事

ロフトの大きいクラブほど弾道が高くランが少なくなる

アプローチの種類は基本的に、上げる、転がす、その中間のある程度上げて転がす、といった3種類に分けることが出来ます。

その上げる(キャリー)と転がす(ラン)の度合いを決めるのがクラブに付いているフェース面の角度つまりロフトということになります。

番手の大きなクラブほどロフトが大きくなりボールは高く上がります。それに反比例してランが少なくなります。そしてキャリーとランの比率が近づいてきます。

例えばピッチングウェッジでは、キャリーとランの割合が1:1程度であるのに対し、7番アイアンではキャリーを1とすればランが3ぐらいとなります。

このようにランが多くなるのはロフトが小さいクラブであるということも覚えておきましょう。

上げて止めたいときにはロフトの大きなクラブを選択することがポイントです。

転がすか上げるかを選ぶこと

まずはパターが使えないかと考えてみましょう

もっとも安全で確実なのがパターを使った寄せになります。それは打ち損じが無いという意味でパターが一番安全ということです。

ただし距離感はどうしても難しいので、これを把握するためにはプレー前に練習グリーンの外から打ってみて掴んでおくということが大事です。

確実に寄せられるかどうかは別としても確実にグリーンの乗せるという意味では一番の方法と言えるでしょう。

距離感を掴んでおけば確実に寄せることが出来る

パッティングと同様に小さな構えでスイングする

ドライバーショットのように遠くへ飛ばす必要が無いのがアプローチですので、構え全体もなるべく小さくして前後左右、上下にも体が動かないようにすることが大事です。つまりパッティングに近いということです。

さらに、クラブを目いっぱい握らずに半グリップぐらい短く握るようにします。

そしてボールの近くに立つようにすることで、腕も体に密着して余分な動きがしにくくなりますのでね。

クラブを短めに持ちボールの近くに立つこと

まとめ

アプローチショットではそのショットの前にしっかりと確認しておくべき点があるということです。

  • アプローチはウェッジ限定では無く状況に応じて使い分ける
  • まずはパターが使えるかどうかを常に考える習慣を
  • 小さな構えで余分な動きをなくす

脱出することが第一で、それから寄せることを考えましょう。寄せるありきで考えてしまうと脱出できなくなってしまいそこで大きく叩いてしまうことになりますとスコアを崩してしまいます。

せっかくグリーン周りまで良いショットで来たとしても短いショットで崩れては意味がありません。

確実性の高い方法から選択していくことがスコアが良くなりますので、ゴルフを楽しめるようにもなることでしょう。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ