フェアウェイバンカーからの基本的なスイング

足場を固めて左足を右足より低く埋めます

フェアウェイバンカーに苦手意識を持つ人が多く、これを克服するポイントの一つとしてはすくわないということ。

すくってしまうと砂の抵抗によってまず出ることはないでしょう。むしろゴロを打つぐらいの気持ちで低い弾道をイメージしましょう。

フェアウェイバンカーではまず足場をしっかりとします、足をしっかりと固めてスイング中にぐらつかないようにしておきましょう。

そしてこの時に右足よりも左足を深く砂の中に埋めることがポイントであり、こうすることによりちょうど左足下がりと同じようなライになり、すくい打ちがしにくくなるということです。

大振りせずにスリークォータースイングを限度とする

左足に重心を置いてボールを直接打つ

左足下がりのライと同じような状況にしましたので、打ち方も同じようにしましょう。

ボールを体の中央付近にセットして、重心は左足にのせましょう。

左足下がりの傾斜に沿って振っていくイメージを持って上から下へとボールに直接ヒットしていくようにしましょう。

インパクトの手前に少しでもヘッドが入るとミスにつながり脱出さえ困難になりますのでスイングも大きくはせずにコンパクトにします。

ボールを直接打つようにして上げようとしないこと

クラブの選定はアゴまでの距離で決める

グリーンまでの距離がある場合には大きなクラブを持ちたくなるかもしれませんが、ここでは脱出第一を考えますのでバンカーの顎までの距離でクラブを決めましょう。

顎に近ければ近いほどショートアイアンを使うべきであり、グリーンまでの距離が遠くてもサンドウェッジを使って脱出する必要があるかもしれません。

逆にアゴまでが遠いのであればフェアウェイウッドを使うこともできますので、バンカーのアゴまでの距離で確実に出せるクラブを選択する必要があります。

確実に脱出するためにはグリーンの距離は考えないこと

まとめ

フェアウェイバンカーからは確実に脱出することが先決であり決して欲張らないことが大事です。

低いボールを打つイメージを持っておくことが大事で上げようとしないことです、上げようと少しでもボールの前に砂を噛ませてしまうと脱出すら出来なくなるおそれもあります。

グリーンまでの距離があったとしてもサンドウェッジで脱出だけを考えたり、横方向へフェアウェイに出すことだけを考えるという戦略も重要になります。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ