林の中からのリカバリーの方法はパンチショット

低いボールで脱出第一が鉄則

ティショットを右へ左へ曲げてしまって、OBにはならなかったものの林の中からの2打目以降を打つことは少なくありません。

こういった場合にはまず脱出を考えることで、ビックイニングを作りたくないならば無理しないこと先決です。

一番広い空間でそれも出来るだけ自分に近い空間を選らんで、低い弾道で枝の下を抜いてフェアウェイに出すことを考えましょう。

ボールから遠い空間を狙うとなれば、小さな誤差であっても遠いところでは誤差が大きくなりミスにつながりやすくなります。

また、ボールは上げるよりも転がすぐらいの低いほうがコントロールしやすくなりますので、確率的に低いボールを打つ方が良いでしょう。

脱出第一で大けがを防ぎましょう

パンチショットで強く低いボールを打つ

林の中の悪いライや低いボールでグリーンに止めたいときなどにはパンチショットが非常に便利です。

グリップの位置は通常のショットと同様で、ボール位置は通常の位置から一個分程度中に入れる程度にセッティングして、ハンドファーストをやや強めにして構えましょう。

いつもと違う部分はフォロースルーの位置であり、クラブを高く上げずに左腰の高さぐらいの低い位置で止めるようにします。この位置がパンチショットのフィニッシュということです。

スイングには勢いがあるので手だけで止めようとすると手首を痛める原因にもなりますので、手だけを止めるのではなく体の回転と一緒に止めるようにしましょう。

右肩は上げないで低い位置で止めます、上体は絶対に起こさないようにして低い姿勢のままフィニッシュとしましょう。

インパクトからフォローにかけては目線を上げずに低い姿勢でフィニッシュをとる

浮いたライには注意しましょう

低い球筋でボールを打ったにも拘らずボールが木の枝に当たってしまい、再度林の中から打つ羽目になることが多々あります。

思った以上にボールが上がり過ぎたために起こったミスですが、このミスは打ち方による判断ミスによることが多いです。

ボールのライが良すぎたために、ボールが草の上で浮いていたために、フェース面の上に当たって上がってしまったということでしょう。

ボールのライをよく確認するのはもちろんですが、こういった浮いたライから低いボールを打つ場合にはボールを横からヒットしていくということが大事になります。

ボールが浮いているときは横から払い打ちましょう

まとめ

まとめましょう

  1. 脱出第一を心がけて近い空間を狙う
  2. パンチショットで低いボールを打つ
  3. ボールがラフで浮いていないか確認する

とにかく林の中から出ることを考えましょう。木と木の間が狭くても前にグリーンが見えればその方向に打ちたくなってしまいますがそこは堪えることが大事です。

パンチショットのイメージはクラブヘッドを上からボールにぶつけて終わりぐらいの気持ちで行うとうまく低い球が出やすくなりますし、ロフトの立ったアイアンを使うことも有効です。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ