フェアウェイウッドは横から払い打つのが正しいのか?

フェアウェイウッドはクラブが長くて横振りになるために払い打つように打ちましょうというのをよく見かけます。

ゴルフスイング

しかしどのライでもうまくいくとは限りません、浮いているライであれば払い打ちでうまく打てるかもしれませんが、少し沈んでいるライであればうまく打てない可能性があります。

特にフェアウェイウッドが苦手だという人やダフリやトップといったミスが多いという人はその「払い打ち」の感覚がもしかすると「すくい打ち」になっているのかもしれません。

すくい打ちであればボールの手前でダフリやすくチョロが出てしまったり、リーディングエッジにボールが当たってトップが出るといったことが有ります。

まずはその感覚から変更しましょう。フェアウェイウッドはアイアンと同じように地面の上にあるボールを打つクラブですからヘッドを上からぶつけてインパクトしていく打ち方を覚えましょう。

ボールの位置はドライバーよりも1~2個内側にセット

フェアウェイウッドはドライバーとは違って芝の上にあるボールを直接打つクラブですので、インパクトの精度を高める構え方が重要になります。

まずは両手がクラブヘッドよりも少し前に来るようにセットしてからアドレスを取りましょう。両手がクラブヘッドよりも後方に来るように構えてしまうとすくい打ちになってしまいますので注意しましょう。

ボールを上から叩くイメージですのでアイアンと同じようにハンドファーストに構えます。

この時にフェース面が自分で見えないぐらいまでシャフトを傾けてハンドファーストの形を作るのがポイントです。

ボールを上からヒットしフォローは低く

スイングで注意したい点としては飛距離を追求するあまりにボールを高く上げようとしないことが挙げられます。

元々フェアウェイウッドはソールに幅がありフェースがドライバーよりも薄いのでボールが上がりやすく設計されていますので上げようという意識は必要なく、逆にすくい打ちのイメージになってしまうので気を付けましょう。

テークバックでクラブヘッドを低く引いて上体を十分にひねったら、アドレス同様ハンドファーストの形でインパクトを迎えるようにします。

またその時にフォロースルーでクラブを低く振りぬくイメージを持つ事で、上から正確にヒットしやすくなります。

まとめ

フェアウェイウッドこそハンドファーストのインパクトを心がける事を覚えておきましょう。

そのクラブの構造上ソールが平らになっていますので、上から打ち込んでも地面にヘッドが突き刺さる心配が無く芝生の上を滑ってくれるというものです。

つまり「フェアウェイウッドはソールが広くて滑りやすいから、払いうちをする」ということでは無く、「ソールが広いから上から打ち込んでも地面に刺さらずにうまく抜けてくれる」という風に考えるようにしましょう。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ