スイングの基本まずはグリップから

ゴルフスイング

ゴルフはゴルフクラブを握ってクラブでボールを打つものです。

この握るという行為、実は非常に重要なんですね。というのも考えてみてください、グリップはクラブと自分の体をつなぐ唯一の接点となるわけです。

上手くボールが打てない、ボールが曲がりやすい、そう考えている人はグリップをおろそかにしているために、クラブが正しく操作出来ていない可能性があります。

初心者の方はまずこのグリップこそ大事であり、脱初心者を目指すあなたはグリップを見直すところから始めましょう。

両手をバランスよく握る事が重要

両手の握り方には人によって個人差がありますし、左手の被せ具合も人によって差があることは間違いありません。

しかし基本は同じであり、両手が一つの手になったような一体感を感じることが出来るグリップにするということです。

その一体感が無ければクラブを操作することが難しくスイングが安定しない理由の一つにもなり兼ねません。

そのためにも両手のひらでグリップを挟むように持つ感覚が必要であり、具体的には左手甲と右手のひらが同じ方向を指すように握ることが大事です。

両手の指が平行になるように握ります

両手の一体感を出すためには手の指にも注意が必要です。

グリップするときには両手をずらして握りますが両手の指全体が平行になるように握ることが大事です。

クラブは下におろした状態で握ると分かりにくいので胸の位置まで上げて両肘を曲げた状態でグリップすると分かりやすいでしょう。

よく力を抜いてグリップすると言われますが、確かにクラブの重みを感じる為に力を抜いたグリップは必要であるものの、両手の一体感が感じられないような適当にルーズに握ることは間違いです。

しっかりと両手の指が平行になるように握りつつ、かつ力を抜いたグリップが正しいということです。

グリップの種類は3つ

ゴルフのグリップには一般的な方法として3種類があります。

  1. オーバーラッピンググリップ
  2. インターロッキンググリップ
  3. ベースボールグリップ(テンフィンガーグリップ)

どれが正しいかは個人の感覚によりますので実際にグリップしてみることが大事ですが、それぞれの特徴について説明して行きます。

オーバーラッピンググリップ

プロもアマチュアも含めてゴルフ人口の中で最も多いと言われているグリップがこのオーバーラッピングです。

右利きの場合、左手の人差し指の上に右手の小指を重ねるといった形で握ります。

右利きの人にとっては小指を重ねることで左手に比べて利き手の力を使いすぎないといった事になり、両手のバランスが良くなりやすく一体感が出やすいという利点があります。

ただし利き手の力が使いにくく、逆にバランスが崩れるといったこともあります。

大人の男性に多いタイプの握り方です

インターロッキンググリップ

インターロッキンググリップは左手の人差し指と右手の小指をクロスさせて握るグリップです。

指をクロスしてロックしますので両手の一体感を感じやすいという利点があり、オーバーラッピングに比べて利き手を使いやすいということでもあります。

一般的な教書では手の小さい子供や女性に握りやすいグリップと言われています。これは手が小さいためにオーバーラッピングのように指を被せるとクラブがしっかりと握れずに安定しないということからです。

タイガーウッズなどもこのグリップですが、小さいときからゴルフをやっていたのでそのままこのグリップになったということなのかも知れませんね。

ただし指同士をロックさせるためにどうしてもグリップから指が浮いてしまうので力が入りにくいといったこともあります。

ベースボールグリップ

このグリップはゴルフ業界では悪とされているような気がします。レッスンなどを受けてもこの握り方を推奨している人に今まであった事がありません。管理人はこれが悪いとは思いませんが。

これは野球のバットを持つように、指を絡ませたり被せたりせずに、10本の指で握るという方法でそれゆえにテンフィンガーグリップとも言われています。

すべての指がシャフトに接着していますので最も力が入りやすいグリップで、女性などの非力な方が飛距離を出しやすいという利点があります。

ただし、右手と左手が別々ですのでグリップの一体感ということは出にくいということが有ります。

まとめ | 結局どのグリップを選べば良いのか

どのグリップにもメリットデメリットが存在していますので、どれがおすすめとは正直言えないのが現状でしょう。

初心者でどれが良いか分からないのであればスタンダードなオーバーラッピングから始めてみましょう、そして全て試してから一番しっくりくるグリップを選ぶのが最も良いのはないでしょうか。

スライスで悩む方であればインターロッキングを試してみると良いかもしれません。利き手を使いやすいグリップですのでスライスを軽減される可能性がありますので試してみてはいかがでしょうか。利き手を使うということだけで言えばベースボールグリップも一つの手段かもしれませんね。

逆にフックで悩むのであればオーバーラッピングを試してみると良いかもしれません。

ベースボールグリップは邪道と言われがちですが、実は自分に最も合っているグリップである可能性は無くはありません。実際当方の周りでもベースボールグリップのシングルプレーヤーがいますので、上の2種類のグリップで違和感が消えない場合にはベースボールグリップを使用してみるのも良いでしょう。

とにかく自分に合ったグリップを探すのが一番であり、そのためには全て試してみて自分にとって最もスイングしやすいグリップを選ぶということが良いと思いますよ。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ