アイアンショットのスタンスの基本

「アイアンはダウンブローに打つのが基本です」

このように言われていますが、これはアイアンの場合にはスイングの最下点より前でボールを打つということです。

つまりスイングが上から下に向かっているときにボールをヒットするということであり、ドライバーの時とは全く逆になるということです。

これを踏まえた上でアイアンショットについて説明してきたいと思います。

素振りでスイングの最下点を探してボール位置を決める

アイアンショットのボール位置の基本的な場所は左足のかかと線上よりもボール1~2個程度内側から体の中央までとなりまして、番手が短くなるにつれて真ん中よりになってきます。

しかしそれぞれ個人差がありますのでまずは素振りをして自分のスイングの最下点を見つけましょう。

ショートアイアンからミドルアイアンはその最下点の右側にボールが来るようにセットし、ロングアイアンはダウンブローではなくスイープに打つのが基本ですので最下点かやや右寄りにボールをセットしましょう。

ボール位置は番手が小さくなるにつれて中央寄りになる

スタンスの幅はアイアンが短くなるほど狭くなる

スタンスの幅はロングアイアンがドライバーよりも少し狭く、ショートアイアンになるにつれて狭くしていきます。

ロングアイアンは別としてミドルアイアンやショートアイアンになるほど飛距離よりもボールをコントロールして狙った地点に正確に落とすことを目的とするためにスタンスが狭いほうがコントロールしやすくなります。

またショートアイアンはつかまりやすいのでスタンスをオープンにし、振りぬきをよくして引っかけを防ぐための構えにする人もいます。

スタンスの幅はアイアンの番手によって異なります

クラブよりもグリップが前に来るハンドファーストの構えにする

ハンドファーストによってクラブのシャフトがまっすぐではなく斜めになった状態にし、クラブのロフトが立ったように見える状態で、この状態がアイアンのロフトです。

この斜めの角度自体もクラブによって大きく変わってきます。

グリップの位置は左足太ももの内側にセットするのが通常であり、ボールの位置が左足に近いロングアイアンではハンドファーストの度合いが小さく、ボールが中央よりになってくるショートアイアンほどどの割合が大きくなるということです。

グリップ位置は左側太ももの内側が原則です

首筋をまっすぐに保ってボールを真上から見る

アイアンはウッドと違ってソールが狭いので、ちょっとしたミスでもトップやダフリが大きくなってしまいますので、その分正確にミートする必要があります。

こういったミスを防ぐための方法としてはアドレスでの首筋をまっすぐにしておくことが大事です。

頭が右に傾くとダフリやすく、右に傾くとトップしやすくなります

短い番手になるにつれて左足へ体重をのせる

クラブが短くなるにつれてスタンス幅が狭くなり、オープンスタンスにする人はその分右足が斜め前方に出てくる形になりますので、頭の位置は左側に寄っていくことになります。

つまり体重も左足に掛かってくることになりますので、ショートアイアンになるほど上から下へのダウンブローを度合が強くなるということです。

ダウンブローの度合いはショートアイアンになるほど強くなる

正確な方向性を決めるために肩の向きに注意する

アイアンは飛距離よりも方向性を重視するクラブです、グリーンを狙う際にはより正確な方向性が必要になりますのでそのポイントが肩のラインです。

アイアンが短くなるほどスタンスをオープンにする人はそれに合わせて肩の向きも左に向いてしまうことがあります。

しかしスタンスをオープンにしても肩のラインは方向と平行になるように構えることが大切です。

肩の向きをチェックするには両手を広げて手の向きを確認してみましょう。特にショートアイアンが左に行きやすい人は方の向きをチェックしてみると左を向いていることが多いので注意したいですね。

肩のラインは飛球線と平行になるようにしましょう。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ