左足上がりの傾斜でのショット方法

左足上がりは肩のラインを平行にする

左足上がりのライでは地形に逆らわないということが大事であり、両肩のラインを傾斜に合わせて平行にする必要があります。

そのためには高い方に重心を掛けて安定させていくのではうまく打てませんので、低い方である右ひざを曲げて両肩のラインが傾斜と平行になるように調節する必要があります。

そうすると背筋が地面に対して直角になり、体重は右足に多くかかることになります。

ボールを斜め右上から見るような形になりますが、これが上り傾斜に見合った正しい立ち方であると覚えておきましょう。

このライで平地と同じようにアドレスをしてしまうと、インパクト以降にヘッドが地面に突き刺さってしまいフォローするが取れなくなってしまいます。

フォロースルーを取るためにも傾斜に合わせた立ち方が重要であるということです。

傾斜なりに構えるには右足に体重をかけて肩を平行にします

フックが出やすいので目標の右を狙うこと

左足上がりのライは体が右に傾いた状態ですので、インサイドアウトの軌道になりますので自然にフック系のボールが出やすくなります。ですから、ボールを目標地点よりも右に向かって打つ必要があります。

何となく右を向くのではなく、ボール後方から飛球線をしっかりとイメージして、近くに目印を見つけてそれに合わせて右向きのアドレスを取ることを気を付けてほしいと思います。

フェース面だけでなく体全体をしっかりと右方向へセットすることを忘れないようにしましょう

右足を軸にスイングを行う

スイングの注意点とすれば最初から最後まで右足中心でのスイングを心がけることです。

体重移動はせずにアドレスで右足に置いた体重をテークバックで左に移行しないように気を付けましょう。

トップの位置はいつもよりも小さ目にしましょう。距離を欲張って大振りになりますと、オーバースイングになってしまいバランスを崩してしまい、もっともミスを引き起こす原因の一つとなります。

ダウンスイングでも右足体重のままで、状況的にも体重移動をすること自体が非常に難しいライですから、右足一本の軸でその場で打つ感覚がこのライにおいては良い打ち方となります。

右足1軸で傾斜なりに打つことが大事です

まとめ

まとめましょう

  • 斜面では傾斜なりに立って構えるのが原則
  • フックが出やすいので右方向を狙う
  • 右足に体重をかけてそのままの軸でスイングする

斜面に沿って振り抜くことが大事ですが、その際にはフラットなライよりもロフトが大きくなってしまいますのでその分飛距離が落ちるということを考えておきましょう。

つまりグリーンを狙う場合には1~2番手程度大きなクラブを選ぶということを覚えておくと良いでしょう。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ