ロングアイアンショットの基本スイング

ボールの位置は左足かかと線上よりボール一個分程度内側

ロングアイアンはボールの位置がグリップの位置当たりにきますのでほとんどハンドファーストの状態にはなりません。

ロフトが少ないロングアイアンでダウンブローに打つ意識をもつとなればインパクトで詰まってしまいやすくなります、私たちのようなアマチュアの場合には。

ですからロングアイアンは横に払うイメージで楕円形の軌道をイメージしましょう、払い打ち(芝をスイープしていく)ということですね。

体重の配分は5分5分を心がけましょう

胸を張って高く大きく立つように心がけましょう

ロングアイアンは力でなく大きなスイングで飛ばす必要があり、そのためにはアドレス自体が大きくしておく必要があります。

力でボールを飛ばそうとすると上半身の前掲が深くなり、腕が体から離れた小さな構えになってしまいますので、大きなスイングアークを描くのが難しくなります。

大きく立つには胸を張ることで背筋も伸びてスイング軸もしっかりと強固なものになりますのでね。

ボールを飛ばそうと力むと構えは小さくなってしまいます

バックスイングは左腕フォローでは右腕を伸ばす

スイングアークを描くには体の回転に連れて両腕もうまく使う必要があります。

まずテークバックでは左腕に注意して左ひじが曲がらないように注意しながら出来るだけ大きな円を描くように遠くへ動かしていきます。

トップスイングでは右耳から出来るだけ離れた位置にグリップが来るように腕を伸ばし、インパクト後は右腕を目いっぱい伸ばしましょう、こうすることで大きなスイングアークを描くことが可能になります。

腕を伸ばすことで大きなスイングアークを描く

バックでは右ひじをフォローでは左ひじを下向きに

先ほどの腕を伸ばすということの続きですが、反対側の腕についてはどうするかといえば途中から折りたたむということになります。

バックスイングではグリップが右腰の高さあたりから右ひじを折りたたみ、クラブを上げていきましょう。

フォロースルーでもグリップが左腰のあたりから左ひじを折りたたんでいきます。

この動きをスムーズにして、正しい位置にクラブを上げて行くには肘を下向きにしておくことが必要になります。

両ヒジに余裕を持たせるにはヘッドを浮かせてアドレスしてみます

ロングアイアンが苦手な人というのはアドレスの時点でがちがちに硬くなっていることがあります。苦手ゆえに力みが生じてしまうということなのでしょう。

しかり力みがあればインパクトでヘッドを走らせてボールを弾き飛ばすといったことは難しいでしょう。

まずは両ヒジに余裕を持たせて腕がムチのようにしなやかに使えるようにしておきアドレスに入りましょう。

そしてクラブヘッドを地面に押し付けるのをやめてクラブヘッドを浮かせてアドレスしてみましょう。トップになるのが嫌で地面に押し付けたくなるのは分かりますが、浮かせることで腕や肩の余分な力を抜くことが出来ます。

ヘッドを押し付けると力が入ってしまいます

左肩が顎の下にくるまで上半身をひねります

スイングでボールを飛ばすキーポイントはバックスイングでの上半身の捻転を十分に行うことになります。

手や腕で打とうとしてもロングアイアンのような長いクラブを振ることが難しいでしょう

  1. まずは左肩を顎の下に来るまでしっかりと回しましょう
  2. 十分に回らないなら右肩を引いてみましょう

身体は繋がっていますので、右肩を引くことでスムーズに左肩が回るようになると思います。

右肩を引けば左肩が自然に回るようになります

右足への体重移動は右太ももへの張りを感じる

バックスイングに連れて右足に体重を移動していくことが大きなスイングアークを描くために重要なことです。

アドレスで左右5分5分に掛けていた右足の土踏まずの部分に集中するようにし、そしてトップスイングでは右足太ももの内側に張りを感じれるようになりましょう。

トップスイングで右足太もも内側に力を感じたい

左下からダウンスイングを開始する

ロングアイアンショットが成功するか否かのポイントはダウンスイングのスタートになります。

これまでで十分にひねりの力を蓄えたのでそれを生かすためには上半身か打ちはじめないことが大事です。

ダウンスイングは左サイドの下から上にむかって行ようにし、イメージとしては

  1. 左足かかとを踏みおろす
  2. 左ひざをアドレスの位置へ
  3. 左腰を回し始めて
  4. 左肩を動かす

といった手順で体をひねり戻して最後に左腕とクラブがやってくるイメージでダウンスイングを開始しましょう。一瞬で行うのはかなり難しいですが。

左下からダウンスイングをスタートするイメージで

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ