上げて止めるアプローチ | ピッチショットの打ち方

フェースを開くと弾道が高くなります

例えば同じピッチングウェッジであっても普通に構えたときとフェースを開いたときでは弾道が変わってきます。

フェースを開くとロフトが増したことになりますので、ボールが高くなり、その分ランが少なります。

フェースを開く方法は

  1. フェース面を上向きにする
  2. オープンスタンスにする

このように行いますが、まずはフェースを上向きにすることでフェース面の一番下のラインであるリーディングエッジが自然と右向きになります。

そのままではボールが右に飛び出してしまいますので、リーディングエッジが目標を向くように体のライン(スタンス)の向きを左向きにします。この状態がオープンスタンスであるということです。

フェースを開くと自然にオープンスタンスになります

グリップはフェースを開いてから

フェースを開くからとスクエアにクラブを握ったままの状態で手首を右にロールさせてフェースを開いた状態にするのは間違いです。

この状態ではスイング中に手首が戻ってきてフェースも元の位置に戻ってしまいますので、必ずフェースを開いた状態を作ってからグリップするということを忘れないようにしましょう。

ボール位置は左足よりにセットします

ボール位置は左に寄せるほど弾道が高くなりますので、上げたいときはボールを左足よりにまずセットします。

この時にグリップ位置は基本的な位置である左足太ももの内側へ固定しておくことが必要となります。

オープンスタンスにするために位置が分かりにくいという人はまず目標に対してスクエアに構えてボール位置が左足寄りであることを確認してから、右足を半足分ほど前に出すようにしましょう。

オープンスタンスにするとボール位置が中に入ったような感覚になりますが、これが正しい位置ですので覚えておきましょう。

スクエアに構えてから足を動かしてオープンにする

ピッチショットはコックを使います

ランニングアプローチとの違いは手首のコックを使うという点にあります。

バックスイングで手首を使ってヘッドを高い位置に上げていき、体の回転とともにインパクトゾーンでコックをほどきながらボールを打っていきます。

そしてフィニッシュも高い位置でトップスイングと左右対称の位置に振りぬいていきましょう。

こうすることでボールを高く打ち上げてボールにバックスピンを掛けていくということになります。

コックを使ってボールを高く上げ、バックスピンをかける

コックの使い方は左手親指方向へ曲げる

正しいコックとは左手の親指方向へ手首を折り曲げる動作の事を言いまして、カナズチでクギを打つときのような動作と同じであると考えてください。

決して左手の甲側や手のひら側に折り曲げるのではないということを覚えておきましょう、ボールをヒットすること自体が難しく感じている人は誤った方向へコックを使っているかもしれませんので注意して下さい

体重の配分は左右5分5分でリストターンは必要なし

ボール位置は左足寄りで左右の足への体重配分は5分5分でスタンスを取ります。

使用するクラブはロフトの大きいクラブですから、多少左に多くかけてもボールは上がりますが、右足に体重をかけてしまうとダフリやトップが出やすく距離感を出すのも難しくなってしますので注意しましょう。

また通常のスイングの際にはインパクト前後でリストターンを行う必要がありますが、ピッチショットではボールを強く打つ必要が無いためにリストターンは必要ありません。

むしろヘッドが返らないように注意するようにし、フォロースルーでもフェース面が上向きになっている状態でなければ柔らかく高いボールを打つことが出来ません。

打ち終わった後にヘッドが上を向いているかチェックするようにしましょう。

ヘッドが返らないように注意する

腕で振らずに肩の回転でスイングする

使用するクラブがウェッジですので手や腕だけでもクラブを振ることが出来ますが、ミスを減らして正しい距離感をつかむためにはやはり体の回転でボールを打つことが大事です。

とはいえ短い距離を打つので体全体を使う必要はありません。下半身の動きを出来るだけ抑えて肩の回転を主体に上半身の動きでスイングすることを心がけましょう。

ターフを薄くとっていくボールを載せるイメージでのゆったりとした動きがソフトタッチのピッチショットになります。

下半身の動きを抑えて肩の回転を主体にしたスイングを

距離感のコントロールはスイングの大きさで

ピッチショットでの一番難しい点は距離感のコントロールです。

基本的には左右対称のスイングを心がけてそのスイングの大きさで距離感をつかむようにしましょう。

バックスイングが大きくなりますとインパクトで力を緩めようとしますのでダフリやすくなりますし、インパクトの強弱で距離感をつかもうとすればソフトタッチな球筋は打てません、止まり方もバラバラとなってしまいます。

左右対称のスイングで、ボールを打つのではなくスイングでボールを運ぶといったイメージを持ちながら、ひざ、肩、腰それぞれの高さでのスイングをした時にどれだけの距離が出るかを練習で把握しておくことが重要です。

インパクトの強弱で距離感を合わせるのは難しい

まとめ

ボールを高く上げてピン近くに落として1~2バウンドでボールを止めるピッチショットはどんな場面でも使えることでしょう。

ただし、どうしても難しいライである場合にはピッチショットは避けておくほうが良いでしょう。

例えばディボット跡や深いラフ、左足下がりといったライはボールを上げにくくなります。

ピッチショットを使えるようになっても、使うかどうかはライを見て判断することが最も重要なことであると覚えておきましょう。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ