ラフからのショットは欲張らないこと

ラフを攻略するには力でなくスイングで

ラフも大たたきの原因となりやすいライであり、一発ミスをすると短気を起こして何打も叩くといったことも少なくありません。

基本的にはボールのライをよく観察して、一発で脱出できるであろうクラブを選択することから始めます。

飛距離を欲張ると失敗の確率が上がりますのでクラブ選択は残り距離ではなくボールのライに応じて決めるようにしましょう。

そしてもう一つはスイングをするということであり、力でラフを制しようとしても難しいので滑らかにしっかりとスイングすることでラフに負けないヘッドスピードが生まれるということを忘れないようにしましょう。

クラブ選択は残り距離でなくライで選ぶこと

ボールの手前からヘッドを入れていく

ラフにボールが潜っていたらバンカーのように手前からヘッドを入れていくエクスプロージョンショットのイメージを持ちましょう。

フェースを開く必要はありませんが、ヘッドを手前の芝に入れて滑らせながら芝もろともボールをヒットしていきましょう。

直接ボールを打とうとしても上から下へ腕中心にスイングするとヘッドスピードが上がらずに脱出できなくなる可能性が高くなります。

前の芝もろともヒットしていきましょう

左わきを締めて体の回転で大きくゆったりとスイングする

ラフを目の前にするととにかく力が入りやすくなりますので、スイングも速くなってしまいがちです。

そうなるとミスを呼ぶことになってしまい、ラフだからこそ力を入れずにゆったり大きくスイングしたほうが好結果を生むことになります。

左わきを締めて体の回転で大きなスイングアークを描くことだけに専念するようにしましょう。

芝の抵抗に負けないように左手の3本指をしっかりとグリップし、ハンドファーストに構えます。

そしてスイングは意識をボールの先に置いて、沈んでいるボールの先にもう一個ボールがあると仮定してそのボールを打つつもりでフォローを取っていきます。

これは実際のボールを打つことだけを考えて振るとラフの抵抗でフェースが返ってしまいやすくなるのでそれを防止するために行います。

身体の回転でボールを打つ感覚を持って大きく振るようにします

小さ目のクラブで手前から攻めるイメージを

ラフからのショットはフェアウェイからのショットに比べると止まりにくいのが特徴です。

どうしてもインパクトの際にフェースとボールとの間に芝が入ってしまいボールにかかるバックスピンの量が減少してしまうために起こってしまう一般にフライヤーと言われている現象で、通常よりもボールが飛びやすくもなります。

これを考慮に入れてクラブを小さ目のものにして、グリーンへの狙いも手前から狙うようにします。

小さ目のクラブを使うことで脱出も容易になりますので、ラフからのショットは控えめな対処が良い結果となりやすいです。

まとめ

まとめましょう

  • ボールの手前からヘッドを入れて振っていく
  • 身体の回転でゆったりとスイング
  • グリップは芝の抵抗に負けないようにしっかりと
  • フライヤーになりやすいので小さ目のクラブを選択する

ラフはトラブルの中で最も機会が多いショットですが、しっかりと脱出を考えることを忘れないようにしましょう。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ