転がすランニングアプローチが安全

ロフトの小さなクラブが転がしやすい

転がす場合にはパターが一番やさしいと言われています。それはロフトがほとんど無いからに他なりません。

ということはランニングアプローチでは出来るだけロフトが小さいクラブを使ったほうがやさしく、けがが少ないということになります。

プロであっても、5番や7番アイアンを用いて転がしてカップを狙うアプローチをすることが有りますので、逆に言えば転がすのにロフトのあるサンドウェッジなどを使うということはその確率を自ら下げていると言っても過言では無いでしょう。

直接カップを狙うなら5番などのロフトが少ないアイアンを利用します

ボール位置は中央より右寄りのハンドファーストの構えが重要

ボールを低く出して転がすにはアドレスの時点でそれなりの準備をしておく必要があります。逆に言えばボールが上がりにくい状態にしておくということです。

ボールの位置は体の中央よりも右足よりにセットし、グリップ位置はいつも通りの右太ももの内側にセットします。

フェース面のロフトが立った状態の、シャフトが斜めになっているハンドファーストの構えがランニングアプローチの基本的な構えとなります。

ボールを低く出して行くにはそれなりの状態を作っておくこと

ランニングアプローチのスタンスについて

ランニングアプローチのスタンスは狭くしてオープンスタンスにして構え、左足に体重を乗せるのがボールを低くコントロールしやすくスムーズに振れます。

しかしスタンスよりも重要なのは肩のラインであり、手や腕で無く肩の回転でボールを打ちますので肩の向きがスクエア、打ち出す方向に平行にしておくことが方向性を出すために重要です。

肩のラインを飛球線と平行にする

ストロークは手首を使わずにパットの延長のイメージで

ランニングアプローチのスイングはロングパットの延長にと考えるましょう。

手首の動きを使わずに、両腕と両肩で作った逆三角形を保ったまま、肩の回転でクラブヘッドを振り子のように動かしていきます。

上からう打ち込むのではなく、地面に沿ってクラブのソールを滑らせるといったイメージでボールを横からヒットしていきましょう。

右手首の形はそのまま肩の回転でスイングする

まとめ

グリーンまわりからのアプローチショットはまずとにかく上げるよりも転がすことを考えましょう、その方がスコアが確実に良くなります。

特に初心者はバンカー越えなどの緊張した場面ではうまく上げられずにバンカーへ落としてしまい、結果大たたきといったことも少なくありません。

アプローチはスコアの決め手となりやすく、安全確実でバンカーを避けた方からランニングアプローチでグリーンへ乗せるといったほうがスコアはまとまります。

転がすのが最もけがが少なくいのでまずは初心者はランニングアプローチの基本的な打ち方をマスターして安全なゴルフを心がけましょう。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ