つま先上がりの斜面でのショット方法

つま先上がりのライは左へ行きやすいので右方向を狙います

つま先上がりのライで自分の中ではうまく打てたと思ったにも拘らず、大きく左へフックしてOBになったという経験はありませんか。

まずはクラブの特性とライの状態から考えてみましょう。

つま先上がりは足元よりもボールが上にありますので、スイングも横振りとなってしまいます。インパクトでヘッドが返りやすくなりますので必然的に左へ行きやすいボールになります。

自分ではフェースを目標に向けてまっすぐにセットしているつもりでも初めから左を向いているということもあります。

そのためにつま先上がりのライからは目標よりも右を向いてショットする必要があるということです。

また、ロフトが大きくなればなるほどヘッドが返り易くなりますのでショートアイアンなどの番手を使う場合には目標をよりもかなり右を狙うように気を付けましょう。

クラブの特性を理解して狙いとスイングを決めましょう

両足のつま先側に体重をかけましょう

つま先上がりではバランスよく立つために高い方の両足つま先に体重を掛けて体が後ろに崩れないようにしておく必要があります。

そしてコンパクトなスイングを心がけますので、1-2番手長いクラブを短めに持ちましょう。ボールは体の中央に来るようにセットしましょう。

またアドレスに入る前に同じような近くの傾斜でいつも通りに構えてスイングをしてみましょう、そうすると上半身の前掲角度も身体とボールとの距離もどの程度にしたら良いかが分かります。

目標よりも右側を狙って、左へのミスだけでなくダフリも起きやすい状態ですからコンパクトなスイングを心がけましょう。

ボールと身体が近いので目とボールの距離を替えずに大きめのクラブでコンパクトスイング

低い球筋をイメージし手前から攻めていきましょう

ダウンスイングで注意することは、ボールが左へ行きやすいのでそれを警戒しすぎると中央から外への軌道になってしまい、ボールが右に飛び出すといったこともあります。

ただし普通にスイングするとフック系のボールになりやすいライなのでその分自分が考えているよりもランが出やすいボールになります。

ボールを上げようとしてフォロースルーを大きくとればフックが大きくなってOBになる危険性も出てきます。

ですから目標よりも前にボールを落として、転がして目標に近づけていくという意識を持ちましょう。そのために低い球筋をイメージしましょう。

インパクトでは手を止めて方向を合わせようとせずに目標線に沿って振っていくことで方向性も上がります。

ラン利用して転がして寄せましょう

まとめ

まとめましょう。

  • つま先上がりのライは目標よりも右方向を狙う
  • 体重をつま先にかけて安定させる
  • ワンクラブ大きめのクラブでコンパクトに
  • 低い球筋で手前から攻める

左を怖がり過ぎてスイング軌道が内から外へ行くと右方向へのシャンクが出たりするミスもあり得ます。

フラットなスイングを心がけてバランスを崩さないようにコンパクトに振っていきましょう、距離は欲ばらないようにして手前から攻めていきましょう。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ