つま先下がりの斜面でのショット方法

つま先下がりからはボールが右方向へ出やすくなる

つま先下がりからのボールはつま先上がりのボールとは反対に右に出やすくなります。

ボールの位置は足場よりも低い位置にありますので、フェースをスクエアにセットしたとしてもフェース面は右を向いていることになります。

自分のイメージ以上に右を向いていることになりますので、つま先下がりからのショットでは右へ出やすいので目標の左側を狙うのが鉄則です。

つま先下がりは目標より左を向くこと

スタンスは広くとり重心はかかとに持っていく

つま先下がりのショットはプロでも難しいショットであり、理由のひとつにバランスを崩しやすいということがあります。

スイング中に前のめりになってしまうとボールに当てることよりもスイング自体が難しくなってしまいます。

ですからスタンスを出来るだけ広くとり、かかとに体重を乗せるようにしましょう。その状態で素振りをしてみて安定性を確認します。

ボールが低い所にある分両ひざを少し曲げて上半身の前掲を深めにして、フェースがボールに届くように調整する必要があります。

腰では無く両ひざを曲げて上体の前掲を深くする

ボールを上げようとしないこと

つま先下がりからのショットはボールを上げようとしないことが良いショットにつながります。ゴロでも前にすすめば良いぐらいの気持ちで臨みましょう。

体重移動は大きく振ろうとするとバランスを崩しやすくなりますのでボールを芯でとらえることが難しくなってしまいます。

このライからはプロであっても高いボールを打つことが難しく、スライス系のボールになりやすいのが特徴です。

体重を左足にかけて低い弾道でランが出ることを考えて、小さ目のクラブで手前からランで攻めて行きましょう。

ゴロでもOKの気持ちがミスを防ぎます

まとめ

トラブルショットの中でも最も難しいとされているのがつま先下がりのライです。

少しの手や体の動きが狂うだけでボールに届かなくなるといったこともあり得ます。

悪い状況なのでボールの行方が気になるところではありますが、打ち終わるまで低い体勢を崩さずに両ひざを曲げた状態を保つ必要があります。

とにかくスタンスを広くとり重心を低くすることを忘れずに、両腕を伸ばしてボールにクラブを合わせて構えるのは避けるようにしましょう、スイング中に上体が起きやすくなりクラブにボールが届かなくなる可能性があります。

スイング中には両ひざの高さを替えずにアドレスの姿勢を保ったまま振り切っていくことが大事です。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ