ゴルフスイングは丸く振るイメージが大事

丸く振るイメージを大切にしましょう

ゴルフスイングではゴルフクラブを丸く振るイメージが重要です。

スイング軸を中心にして体を回してゴルフクラブを動かすことで、ヘッドの部分の動きは円を描くようになります。

まっすぐ飛ばすためにクラブヘッドをまっすぐ出していくのが当然と勘違いしている人が多いのではないでしょうか。まっすぐ出すとボールは右方向へ出ていきます。

まっすぐにより遠くへ飛ばしたいと思うのであれば、インサイドイン、すなわち丸く振ることが重要だということです。

クラブヘッドを目標にまっすぐ出すとボールは右へ

スイングプレーン上にヘッドを動かしましょう

スイングプレーンというものをご存じでしょうか。

スイングプレーンとはアドレスした時にボールと両肩にかけての斜めの平面をイメージしたもののことを言います。

この平面上にヘッドを動かすことが正しいスイングとされています。

つまりクラブヘッドはスイング中この平面の上にも下にも出てはいけないということになります。

このイメージを持つことでスイング中の動きに目安が出来て正しい動きをしやすくなることでしょう。

ボールと両肩にかけた斜めの平面をイメージしましょう。

腕は肩から力を抜いて下に垂らすイメージで

腕の力を抜くには上半身を前傾させたアドレス状態から腕をだらりと肩の真下に垂らしてみましょう。

この状態がアドレスでの腕の正しい位置になります。

グリップ位置が目の真下よりもやや内側に来ます。

ところがボールを叩こうとして腕に力が入るとどうしても腕が目の真下よりも前に出やすくなってしまいます。

目の真下よりも前にグリップがあるときは腕に力が入っている証拠です、今一度腕を垂らす動作をしてみましょう。

力みのチェックはグリップが見える場所でチェックしましょう

テークバックをまっすぐ引かないこと

まっすぐ打つためにはクラブヘッドをまっすぐ引きたくなるのが常かもしれません。

しかしスイング軸を中心にした円運動ですからクラブヘッドはインサイドに引いていくのが正しいということです。

アドレスでの体と腕とクラブの関係を保ったままで体を回転させれば、当然ながらクラブヘッドはインサイドに来るはずです。

この時に手首をこねてインサイドにクラブヘッドを無理に引くのもダメですが、まっすぐ引こうとして左わきが空いてしまい、体と腕がバラバラになってしまうと方向性が悪くなってしまいますので注意が必要です。

腕と肩で作った逆三角形をキープしましょう

バックスイングが正しくできているかどうかの目印としてアドレスで出来た両肩とグリップを結ぶ逆三角形が保たれているかどうかをチェックしましょう。

腕だけや手首を使ってクラブを上げようとするとこの逆三角形は崩れてしまいます。

この形を保つのであれば肩を回転させるしかありません。

体の正面にグリップとクラブを置いたまま、肩を回しながらテークバックすることが正しいバックスイングとなります。

腕だけや手首を使ってクラブを上げるのは厳禁

大きく振るために軸を太い筒のイメージで

スイング軸を保つことは大切ではありますがそのために大きなスイングアークが描けなくなってしまう人もいます。

アドレスした際に自分が入るぐらいの太い筒をイメージしてスイングしてみましょう。

この筒の中からはみ出さないイメージでスイングし、この筒の中であれば身体が左右に動いてもかまわないという考えでスイング出来ます。

こうすればスイング軸にとらわれすぎて小さく固まっていたスイングも徐々に大きなものに変化してくることでしょう。

軸に太い筒をイメージすることでスイング軸を保ちつつ大きなスイングアークを描こう

左肩が回らなければ右肩を引いてみる

肩が十分に回らないのには、体が硬いということもあるかもしれませんが、他の理由としては左肩に意識がいっていることが挙げられます。

左肩を回そうとするあまりに左サイドが硬直してしまって回らないということがあります。

ぜひとも発想の転換をし、左肩を回そうとせずに、右肩を後ろに引いてみましょう。

両肩は対になっていますので、右肩を引けば自然と左肩が回転してくるということにつながりますのでね。

発想を転換することで肩を回すことが出来る

反動は使わない、ゆっくりとテークバックする

バックスイングで大きいスイングアークを描くにはゆっくりと静かにクラブヘッドを動かすことが大事です。

手首や下半身の反動を使うとスイングアークが小さくなるだけでなく、正しい軌道上をヘッドが動きにくくなり、スイングに大切なリズムやテンポも悪くなってしまいます。

クラブヘッドが出来るだけ大きな円を描くように慎重に丁寧にテークバックしましょう。

体と手首との間隔を変えないようにすることが重要です。

トップスイングでは右の太ももに体重を乗せる

バックスイングでは右ひざをアドレス時の状態に保ちながら左肩を回し飛ばすために必要なパワーをタメて行きますが、それを知るためのものがトップスイングでの右太ももです。

ここに全ウェートが乗り、緊張感を感じられるようであれば正しいバックスイングが取れているということになります。

イメージとしてはこの右太ももの上にひねってきた上半身を乗せた状態です、これが出来ていると大きな飛距離が出せることになります。

右太ももにパワーをタメることが重要

ダウンスイングのスタートは左サイドから

正しいバックスイングが取れていても、ダウンスイングのスタートを失敗するとミスが起こりやすい上に飛ばなくなってしまいます。

ダウンスイングは左下から左上に向けて始めるのが原則です。

バックスイングで左足のかかとを上げている人でしたら、左足のかかとを下すところからダウンスイングをスタートさせます。

そして左腰、左肩、左腕と順番に動かしていきます。

言葉で書くと難しいですし、一連の動きですのでなんとなく意識しながらで、とにかくダウンスイングのスタートは左足からと覚えておきましょう。

インパクトでは胸を正面に向けておきましょう

方向性を高めるために重要なポイントがインパクトでの上半身の向きとなります。

これがアドレスのときと同じ状態、つまり目標と平行になっていないとボールが目標方向に出ていかずにばらけてしまいます。

両肩のラインが方向を決定づけるということですが、胸を正面に向けてボールを叩くように意識しておくと良いでしょう。

腰は早めに開いて左を向いても良いですが胸は正面を向けておくことを忘れないようにしましょう。

頭を残せと言われたことはありませんか。インパクトの際に胸を正面に向けておくという意味でそのように言われているのかもしれませんね。

インパクト時は両肩が目的と平行になるようにする

左ひざはフィニッシュまで伸ばさないこと

ダウンスイング以降は左足の上で体を回転させるイメージとなりますが、スイング軸を保って上半身が左へ流れないようにする必要があります。

この時に左ひざに注意して左ひざがアドレスのときよりも左へ流れてもダメですし、余裕のある状態から突っ張った状態になってもだめです。

左へ流れてはせっかくタメたパワーがロスしてしまいますし、伸びてしまっては体のスムーズなターンを妨げることにもなりますのでね。

まっすぐ出そうとせずに左へ振りぬいていくこと

スイングは円運動であると伝えましたが目標よりも左へ振りぬいていく意識を忘れないようにしましょう。

まっすぐ飛ばすためにはクラブフェースをいつまでも目標方向に出していく必要があると勘違いされているかたもいらっしゃいますが、フェースを閉じて左へ振りぬいて初めてボールはまっすぐに飛んでいくのです。

バックスイングと同様にスイング軸を中心に丸い円を描くことがゴルフスイングですから左へ振りぬいていくことが正しい動きとなります。

ゴルフ初心者向け情報が満載

ウェアからクラブまで全て購入出来るのが魅力

高額なクラブを安く買うためにはネットショッピングがおすすめですが、まさにGDOさえあれば他のショッピングモールは不要とさえいえるでしょう。



2000円から送料無料になりますし、他のショッピングモールとは違ったゴルフ専門のサイトなので品揃えも豊富な上にメーカーの取扱いも豊富。

数百円のティーから高額なゴルフクラブまで、はたまたゴルフ場の予約までを行えるオールインワンのゴルフポータルサイト 。

入会金・会費無料で最新ドライバーなどがあたるキャンペーンなど、会員特典も多数。

ゴルフライフに欠かせないサイトとなること間違いないですよ。

管理人はウェアやクラブはもちろんの事ゴルフ場の予約で特にお世話になっています。

何が貰える?現在のキャンペーンを見に行く

取扱いゴルフメーカー
ゴルフ メーカー 一覧
スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ